【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 下品 > 記事
未だに馴染めない日本の変な風習。
未だに馴染めない日本の変な風習。
焼魚を骨だけ残してきれいに食べることがで きる人は人間としてきちんとしている人で、き れいに食べられない人はだらしがない人と判断 される暗黙の判断基準。この理不尽な基準だけ はどうしても納得することができない。なぜ、 魚が基準なんだ?日本人の魚好きにもほどがあ る。
未だに馴染めない日本の変な風習。
日本人がやたら好む「流しそうめん」だが、正 直、普通に食べたほうがおいしいのではないだ ろうか。そもそも、そうめんを流す意味がわか らないし、流されるそうめんの気持ちを考える と、心が居た堪れなくなる。
未だに馴染めない日本の変な風習。
毎年のように起こる魚貝類の生食による食中毒。 日本人はなぜこうまでして、同じ過ちを繰り返 すのか。魚や貝の生食さえやめれば、食中毒に なる危険性が大幅に少なくなるのに。日本人は 不思議な生き物である。
未だに馴染めない日本の変な風習。
毎年、正月シーズンになると、必ず頻発するの が、「餅を喉に詰まらせて死亡する事故」。被 害者の大部分は体の弱いお年寄りなのだが、何 故そんなリスキーな食べ物をわざわざ日本人は 食べるのだろうか。日本人は命懸けで餅を食べ る。
未だに馴染めない日本の変な風習。
スイカ割りも日本人が好きな風習のひとつだが、 棒でスイカを割るだけの行為のどこがおもしろ いのだろうか。そもそも、周囲に飛び散ったスイカを食べて衛生上大丈夫なの?
未だに馴染めない日本の変な風習。
1年に一度しか食べないという事実からもわか るように、おそらく日本人のほとんどがおせち 料理をうまいと思っていない。もし、本当にう まいと思っているのなら、別に正月に限らず、 毎日のように食べていることだろう。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加