【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 下品 > 記事
心配
心配
様々な人間模様が交差するラブホテルだ が、その中でも「よそよそしく敬語で話しな がら、ラブホテルに入っていく中年男女」 は一際、異彩を放つ。

そもそも「敬語で話す」間柄でありながら、 ラブホテルに入っていくこと自体、訳あり の臭いがプンプンである。なぜなら、二人 がまだ「敬語を話している」ということは、 二人でいろいろな話をして心が打ち解け るより前にラブホテルに入って○○○を する、もっと突っ込んだ言い方をすれば、 ○○○をすること自体が目的の関係だと いうことが明らかだからである。

しかも、その二人が、長年日本という国を 支えてきた「中年」だということを考えると、 もはや、その二人に救いの余地はない。 「最近の中年は…」である。
心配
いざ、「ホテルに入ろう。」ということになっ たときに、一番困るのは、どこのホテルも 満室で入れないとき。街中のラブホテルを 隈なく探し回るのも、すごくがっついている ようで、かっこ悪いし、かと言って、このまま ラブホテルに入らないで帰るのも、大きな 魚を逃がしたようで心が萎えてしまう。

ラブホテル街では、そんな行き場を失った 若者カップルが路頭に迷っている姿をよく 見かける。

心配
「訳あり」という観点から考えると、より衝 撃的な男女を時折見かける。男女共にカ チッとしたスーツに身を包み、商談をしな がら、ラブホテルに入っていく男女だ。

これは、もう明らかに仕事絡みである。男 と女のどっちが「接待」をしているのか、わ からないが、とにかく、これは○○○をダ シに仕事を取ろうと意図していることは見 るからに明らかだ。

「○○○をダシに仕事を取る」。 これは決してAVの中の世界ではなく、実 際に、確実に現実の中で起こっていること なのだ。
心配
ラブホテルは基本的に○○○をする場所 であるにもかかわらず、実際には防音設 備が万全ではないのが実情。だから、厳 密に言えば、隣の部屋や上下の部屋に 少なからず声が漏れている。

ラブホテルで○○○をする男女は、それ を覚悟の上で行っているわけだが、時折 上の階からものすごい悲鳴のような声が 聞こえてくることがある。非常にかすかに しか聞こえてこないため、上の階で一体 何が起こっているのかはうかがい知るこ とはできない。

ラブホテルは恐ろしい場所である。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加