【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 下品 > 記事
チ○毛
人は歳を取ってくると、無性に若かりし頃が懐か しくなって、「子供の頃に戻りたい。」と、決して叶 うことのない夢を描くものだが、当の子供は、そ の全く逆。

多くの少年少女が「早く大人になりたい。」と願っ ている。思春期真っ只中の少年少女にとって、 「大人」はひとつのブランドのようなもの。まだ、 「大人」ではない自分が中途半端で未完成な人 間に思えてくるのだ。

そんな「早く大人になりたい。」少年少女にとって 「大人になる」ということのひとつのバロメーター になっているのが「陰毛」である。「陰毛」が生え ているか否かが、自分が「大人」か「大人」ではな いかを計る基準となっている。なぜなら、「陰毛」 は、体が大人にならないと生えてこないものだか らである。

だから、「陰毛」が生えるか、生えないかの微妙な 時期にいる小学高学年から中学生の少年少女 は「陰毛」が生えているか否かに非常に過敏にな っている。

小学六年生で陰毛がうっすら生え始めたという吉 田辰夫さん(29)は、初めて陰毛がうっすら生えた ときの感動を興奮気味に語る。

「小6のある晩、風呂に入るときに、うっすら陰毛 が生えていることに気がついたんです。まだ、初 期の段階だったので、ほとんど産毛でしたけど。 あまりにも嬉しくて親父に報告したら、『まだまだ、 だな』と『プロ』の洗礼を受けました(笑)。」
例え産毛であろうと、「早く大人になりたい」少年 少女にとって、それは大きな一歩だ。

チ○毛
ただ、敢えて厳しい言い方をすれば、「産毛」は、 まだ本当の意味で「陰毛」とは言えない。確かに まだ生えていない人に比べたら、大きな大きな 一歩だが、しっかりとした「縮れ毛」が生えていな い以上、完全な「大人」と言うことはできない。 やっと「産毛」が生え始めたというのに、また少年 少女は大きな壁にぶち当たることになる。小6で 「産毛」が生え始めたという吉田さんは、そんな 大きな壁にどう立ち向かったのだろうか。
「僕の場合は、産毛をスパッとカミソリで剃り落と すことを選択しました。よく一般的に言うじゃない ですか、髭を毎日剃っていると、だんだん濃くな っていくって。それを陰毛に応用したんです。」

吉田さんが言うには、その効果は剃り落とした1 週間後に、早速如実に表れたという。 「1週間を過ぎた辺りから、毛が生えている面積 が広がってきましたね。初期の段階では、ちょろ ちょろしか生えていなかったのですが、1週間を 過ぎた辺りから、面積が急速に広がって、まる で大人みたいになりました。」

チ○毛
ところで吉田さんは、毛が生え揃っていくにつれ て、日常生活に纏わる「あること」に初めて気がつ いたという。
「子供の頃、いつも風呂場で、浴槽にプカプ カ浮かんでいる縮れた毛を手ですくって遊んでい ました。今、思えば、あれは親の陰毛だったので すね。」
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加