【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 下品 > 記事
僕らの「野グソ」体験談。
小学2年生の時の話です。僕が通っていた小学 校は自宅から1kmほど離れた場所にありました。 体の小さな小学生にしてみれば、かなりの距離 です。
その日、僕は学校からの帰り道、無性にうんち がしたくなりました。でも、学校から自宅までの帰 り道に安心してうんちができる公衆便所はひとつ もありませんでした。だから、僕は仕方なく、自宅 までうんちを我慢することにしました。
小学2年生と言えども、たかだか1kmほどの距離 を我慢するのは、そう難しいことではありません。 案の定、僕は自宅までの道のりを難なく乗り切る ことができました。
けれども、自宅の前まで辿り着いて、ドアのノブ に手をかけた、その時、僕はある衝撃的な事実に 気づくことになるのです。
なんと、ドアに鍵がかかっていて、中に入れなか ったのです。ちょうど、そのとき、家にいるはずの 母が、近くのスーパーに買い物に出ていて、家に いなかったのです。当時、僕は小学2年生だった ので、家の鍵を持たされていませんでした。
…このすごい、うんちがしたい…
…でも、鍵がないから、家に入れない…
僕は弱冠小学2年生にして、人生が恐ろしく牙を 剥いた瞬間に出くわしたのでした。
「落ち着け!落ち着くんだ。」 すっかりパニックになってしまった僕を、必死 に冷静になるよう促している僕がそこにいまし た。
ようやく平静を取り戻した僕が選択したのは、自 宅の裏で野グソをすることでした。ここまで来たら 人間、プライドや体裁なんて、少しも意 味も持たないわけです。
僕は震えが止まらない手にムチを打ちながら、ズ ボンをずり下ろし、自宅の裏の日陰になっている所 で野グソをしました。あのときの、何とも表現し難い、 開放感と言ったら…
僕はそのとき、ポケットティッシュを持っていなかっ たので、近くに生えていたホウセンカの葉っぱで拭き ました。食物繊維がやけにザラついて、ちょっぴり違 和感を感じたけれど、自然の香りがして、思いのほ か、爽やかでした。(19歳・大学生)
僕らの「野グソ」体験談。
小学生の頃、家族で山登りをした時のことです。 もちろん、山登りと言っても、うちの家族はズブの 素人なので、そんなに険しい山を登ったわけでは ありません。しかし、比較的低い山でも、山登りは、 そう簡単なものじゃない。
山は、都会のように、うんちがしたくなったら、いつ でも行けるトイレがあるわけではないんです。
だから、都会育ちの僕が、突然、山の中でうんち がしたくなったときは、今まで体験したことのない、 衝撃が走りました。
親父「どうした?何かもじもじしてるぞ。」
僕「い、いや、うんちしたくて。」
親父「そこらへんで、すればいいじゃないか。ここ は山の中だから、誰も見てないぞ。」
僕「い、いや…それは、ちょっと…」
親父「しょうがねぇな。お父さんが見本見せてや る。」
親父は森の中の草薮に深く分け入り、徐にズボ ンをずり下ろすと、慣れた手つきでうんちをし始め ました。
「ちょ、、ちょっと、お父さん…」 親父は、温室育ちの僕に、「人生とはこういうもの だ。」ということを身を持って教え込もうとしたのだ と思います。
そんな親父の姿に感動したのか、その瞬間、僕 の心の中で、何かが変わりました。気がついたら、 親父の隣で一緒に野グソをしている自分がいまし た。
とにかく無我夢中でした。時折、草薮の中の よくわからない虫が、無数に僕の尻に吸い付い てきましたが、そんなのお構いなしです。
「僕は、もう、今までの僕とは違うんだ。僕は変わ ったんだ。」そう、僕は心の中で叫び続けていまし た。 野グソで人生は変わるんですね。(20歳・教師)
僕らの「野グソ」体験談。
いったい、どこまでが野グソなのか?ここでは 野グソの定義について考えてみたい。
「野グソ」と言うくらいだから、「クソ」するところ が、「野」でないといけない。では、「野」とは具 体的にどういった場所のことを指すのか。「野」 と「自然なままの平らな土地」のことを指す言葉。
つまり、「野グソ」とは「自然のままの平らな土地 でうんちをすること」を言うのだ。
最近の日本は都市化が進み、「自然のままの平ら な土地」は数少なくなっている。わたしたちは、日本 の近代化と引き換えに、「野グソ」という文化を失い つつあるのだ。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加