【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
外出先などで突然うんこがしたくなり、トイレに駆け込んだはいいもののトイレは長蛇の列で すぐにうんこができない。 こんな経験誰もが一度はあるのではないだろうか。 万が一のために、うんこを我慢する方法を伝授します。
一番手っ取り早いのがイメージトレーニング。 今にも外に飛び出そうとしているうんこが逆流して、 大腸のずっと上の方に戻っていく様子をイメージします。 イメージトレーニングはスポーツ選手のトレーニングも取り入れられている 手法で、普段から繰り返し行うことで効果が上がっていきます。
不定期に訪れる「激しい便意」に合わせて体を揺り動かすことで、便意を最低限に抑える方法です。 便意とはうんこが外に飛び出そうとする際に感じる身体反応です。 うんこが外に飛び出す力を体の動きによって吸収するようにするのが最大限の効果を生み出すコツです。

根気よく続けましょう。

鼻歌を歌うことで、苦しさを紛らせるのも、 古典的な手法ではありますが効果的です。 海や山などで遭難した人が死の恐怖を紛らせるために歌を歌うのと 意味は同じです。 あまり大きな声で歌うと体力が奪われるので注意が必要です。

自分自身に対して、 「たかがうんこだ。大したことじゃない。」と鼻歌を歌うことで自己暗示をかけるのです。

便意がかなり危機的状況になり、もはや何をしてもだめになったときは、 ハリウッドの映画スターを思い浮かべると効果的です。 特にアーノルド・シュワルツネッガーなどのアクションスターが 効果的です。

便意に苦しむ自分を正義を守るためならどんな危険もいとわないアクションスターに例えるのです。 便意と戦うアクションスター。 あなたはその戦いに必ず勝つのです。


日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加