【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
ご存知の通り、吃音とは ある言葉が詰まって発声できなくなる病気である。 吃音の人は吃音が始まったその瞬間から、 「言いたくても言えない。」ジレンマというものと常に戦い続けている。 ところで吃音の人にはそれぞれ「発声しにくい行」というものがある。 「発声しにくい行」は、 人によって様々。 彼らは日常会話において、できるだけ自分の不得意な「行」の言葉が会話に及ぶのを 避けたがる。 それでも、会話上自分の不得意な「行」の言葉を使わなければならない状況がある。 そういったケースに直面した場合、彼らはいったいどうするのか? 彼らはそういった緊急事態に直面した場合、本能的に 「自分が発声しやすい同じ意味の別の言葉」に置き換える性質がある。
以前よりは減ってきたとはいえ、 やはりまだ吃音への社会の風当たりは強い。 客観的に見て、やはり吃音の聞き苦しさや奇異な感じは否定できない事実である 。 しかし、逆に言えば、その聞き苦しさや奇異な感じによって、 吃音の人が他から注目を集めやすいのも事実である。 彼ら自身それは百も承知で、 注目が集まる分、話の内容の質を高めなければと常に話の内容の質を上げるトレーニングに余念がない。

荒波に揉まれて、鍛え上げられていくのだ。


日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加