【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
女性専用車両の快感。
女性専用車両の快感。
さて、われわれの何の刺激もない退屈な日常生活に突如出現した、女性専用車両。 押し合いへし合いを繰り返し、 心底ヘトヘトになりながら、 それでも生活のため、会社のために泣く泣く耐えてきた 通勤電車の中に、突如「女の園」が出現したのだから、 それはまさに世紀の大事件だった。

その女性専用車両の魅力を最大限引き出してくれる場所。 それは意外にも、一般車両と女性専用車両の連結部。 それはまさに男性と女性をつなぐ連結部のようなもの。 男性にとっては、決して破れないバリアのようなものだが、 そこが逆にいじらしくてたまらない。 連結部のドアの小さな小窓からほのかに眺める女性たちの日常。 そこは男性がひとりもいない「女の園」だけに、 「女の園」ならではの「女の日常」がある。

女性専用車両の快感。
ところで、一般的に女性専用車両にはある一定の「導入時間帯」というものがあり、 その「導入時間帯」以外は「一般車両」として使用される。 実はそこが狙い目なのだ。 例えば、「導入時間帯」が終わった直後の女性専用車両に乗り込んで見る。 「導入時間帯」が終わった直後なので、まだ、ところどころに女性専用車両の雰囲気が残っている。 そこがたまらなくいい。 女たちが残した「におい」や「目に見えない魂のようなもの」が われわれの体の中にスーッと入ってきて、 体の中の何かと化学反応を起こして、 心の奥底からわれわれを「キューッ」とさせるのである。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加