【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
ニートがニートから脱出できない4つの理由。
ニートがニートから脱出できない4つの理由。
ニートがニートから脱出できない4つの理由。
多くのニートにとって最大の難関が電話。 求人情報を見て、「この仕事いいな。」と思っても、 ニートの実に97.3%が結局電話できずに終わり、 ニート脱出に失敗している。
ニートがバイトの電話ができない理由として次の3点が挙げられる。
@何を話したらいいのか、わからない。
A自分が本当にこのバイトをこなしていけるのか、自信がない。
B吃音なので、馬鹿にされたらどうしよう。
ニートのほとんどの人が人と話すのが極端に苦手。 気心が知れた相手なら何の問題もないのだが、 例えば、コンビニバイトなど客を相手にするとなると話は変わってくる。 「仕事」として失敗が許されないプレッシャーと 元々持っている対人恐怖症的な傾向が一気に噴き出してきて、 パニックになってしまう。多くのニートたちが人と話すのが嫌で、ニートから脱出することを躊躇ってしまう。
ニートがニートから脱出できない4つの理由。
また、多くのニートたちは長い間「ものを考える」といった脳を使うという作業を全くしてこなかったため、 仕事を教えてもらっても中々頭に入らないことが多い。 経営者側はそれを「やる気がない」と捉えてしまいがちだが、 あえてニートの擁護をさせてもらえば、ニートは 「決してやる気がない。」のではなく、 「仕事を覚えたくても、脳が活性化していないので頭に入ってこない。」のである。 そういったニートと経営者側の気持ちのすれ違いが ニートのニート脱出を妨げていると思えてならない。 ニートには社会の温かい目が不可欠である。
また、ニートの中には上司に怒られるとすぐ泣いてしまうという 、まるで少年のような心を持った者も多い。 ニートとは言わば「人として当然身につくはずのコミュケーションに関する部分が 何らかの要因で発達することができなかった、ある種の発達障害」のことであり、 そういう意味では、人間関係において非常に幼稚な部分を見せることは実例として 多く報告されている。

ニートには社会の温かい目が不可欠である。

日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加