【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
就職面接代理人制度がニートを救う。
闇に葬り去られた、ニート問題の真髄に迫る!
就職面接代理人制度がニートを救う。
就職面接代理人制度がニートを救う。
就職面接代理人制度がニートを救う。
当サイトの前記事において、ニートがニートから脱出できない理由として 「バイトの電話ができない。」など、 人とのコミュニケーションがうまくいかないという点を挙げた(前記事)。 そこから浮かび上がってくるニートの社会復帰においての最初の難関が「面接」である。 元々話し下手である上に、「ニートという前歴」があるために面接が片っ端からうまくいかない。 そのため、結局、面接ではじかれて再びニートの世界に舞い戻らざるを得ない、という悪循環が続いている。
そんな「話下手」なニートたちが面接で成功するにはどうしたらいいのか。 そこで今注目されているのが「代理人」である。 プロ野球選手などの契約交渉時などに度々登場する「代理人」。 「代理人」とは簡単に言えば、「話下手」なスポーツ選手に代わって契約交渉などを行い、 球団から最大の評価を獲得することを職業とする人たちのことだ。 この今注目の「代理人」、これをニートの面接時に使うことができないだろうか? そうすれば、いくら「話下手」なニートでも就職できる可能性が高まる。
就職面接代理人制度がニートを救う。
名づけて「就職面接代理人制度」。 ある一定期間、仕事も勉強もしていないなどの審査をクリアすれば、 誰でも利用できる。 指定の用紙を自治体から受け取り、 就職したい業種、会社名等を申請すれば、 速やかに適切な「代理人」を紹介してくれる。 「代理人」は責任を持って、 応募する会社から面接交渉、面接などを行い、 ニートたちを就職まで導いてくれる。

運営面ではまだ問題は山積みだが、 ニートの親のほとんどはそれなりにお金を持っているので、 親からお金を取ってもいいだろう。

もちろん、現状では稚拙なアイディアにすぎないし、運営面などあらゆる面で問題は多いだろう。 また、ニートにこんなに甘くしていいのか、という問題もあるだろう。 しかし、この制度を導入することで、 少なくともニートの「面接時の不安」が解消され、 ニートの数は確実に半減するだろう。 それほどニートにとって「面接」は一大事なのである。
「ニートの増加が日本経済を滅ぼす」とか 「深刻な社会不安を引き起こす」といった危機感を本当に社会全体が持っているのなら、 やらなけらばならないことがまだあるのではないだろうか。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加