【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
鼻毛に纏わる事件・トラブル
近年、彼女に鼻毛を指摘されてキレる男が急増。 社会問題化する様相まで呈している。

一昔前まで女は男の3歩後ろを歩くのが定説だった。 しかし、いつの時代からか男女の立場は逆転し、 女が男の鼻毛を指摘する時代になってしまった。 男たちは無駄な抵抗と思いつつも、 男がまだ強かったときを思い出して 少し強がってみるのである。

「他人の鼻毛を指摘するのは失礼だ。」 という暗黙の了解。 その暗黙の了解が招いたとんでもない事件。

都内に住むAさん(会社員)は 「同僚が誰も僕の鼻毛を注意してくれないかったから、 気づいたら鼻毛が上唇まで伸びていた。」と嘆く。 科学技術がここまで発達した今日でも、 未だ「鼻毛の指摘問題」は解決の糸口が見えないでいる。

鼻毛に纏わる事件・トラブル
悪い部分ばかりが見えがちな鼻毛だが、 「鼻毛が育む恋」もときにはあるのだということを ここでお話したい。 某電機メーカーに勤務するBさんは「鼻毛が育んだ恋」を得意気に語る。 「勤務中、うっかり鼻毛を出していたんです。 それを密かに思いを寄せていた秘書課のC美ちゃんに見られてしまって。 そしたら、C美ちゃん、『鼻毛って男性ホルモンの象徴なんですよね。』と頬を赤らめたんです。 その後、僕らは見事ゴールインしました。」
あなたは鼻毛が伸びていることに気づいたとき、 鼻毛を抜くべきなのか、切るべきなのか。 これは人類にとって永遠のテーマだと言っていい。 鼻毛が伸びすぎて、 もはや風で鼻毛を感じられるくらいになってしまったら、 いっそのこと抜いてしまいたい、と思ってしまうのが 人間というものだと思う。 しかし、鼻毛には外部からの侵入物を阻止するという列記とした役割・機能がある。 簡単に抜いてしまうのはあまりにもリスクは大きい。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加