【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
伝説の街、東京・錦糸町の仰天伝説!
伝説の街、東京・錦糸町の仰天伝説!
がひどくなってくると、何気ない日常生活にも少しずつ支障が出てくる。 例えば、千葉県内に住むAさん(56歳)の場合。 Aさんは数週間前から友人数人とディズニーランドに行く予定を立てていた。 本人も非常に楽しみにしていたのだが、よりによって当日の朝、の痛みがひどくなり、 痛くて排便ができない状態に陥ってしまった。 仕方なくAさんは友達との約束をキャンセルし、 横浜にある病院に駆け込んだそうだ。 このように、患者はのために自らの楽しみを諦めざるを得ない状況に 度々陥る。
伝説の街、東京・錦糸町の仰天伝説!
ところで、の症状にはレベル1〜4の4段階があり、 レベル3以上になると、緊急に手術する必要性があるという。 このの手術がいったいどういうものかは、読者のご想像にお任せするが、 経験者によると、それはそれは耐え難い痛みを伴う難関なのだという。 さらに手術後しばらくは痛みがひかないので、 の入院病棟は真夜中になると、激しい痛みに耐えかねた患者たちの 呻き声でものすごいことになっているという。
伝説の街、東京・錦糸町の仰天伝説!
の苦しみのひとつに「出したいのに痛くて外に出せない。」というものがある。 健康な人には全く理解できない現象だが、 腸にはパンパンに溜まっているのに、 肛門が痛くて外に出せないのだという。 所謂便秘とも違うこの現象は、 時折、「糞詰まり」という深刻な事態も引き起こす。

一般的には女性に多いだが、 近年では男性の中でも急速に増加しているという。

伝説の街、東京・錦糸町の仰天伝説!
女性は出産をきっかけにになることが多い。 確かにそれは間違ってはいない。 しかし、それを直接子供に告白してしまったことで、 子供の心の中に深い傷として残り、 後の人生に大きな影響を及ぼすことがある。 都内の工場で働くB君は幼少時代、母親から信じられない言葉を聞いている。
「あなたを産んでからわたしはになったのよ。」
それ以来、B君は「自分は誰からも必要とされていないんだ。」とグレ始めたという。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加