【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
屁に纏わるちょっとええ話。
数年前の話になりますが、 僕はある日、近所の公園の公衆便所に入って、 小便をしていたんです。 すると、少し後からジョギング中の見知らぬおっさんも入ってきて、 結果的に二人きりで小便をしていたんです。 薄暗い公衆便所で、見知らぬおっさんと二人きり。 僕は思いもよらずおっさんが入ってきた緊張感からか、 ついケツに力が入ってしまい、 不覚にも屁をこいてしまったんです。
「気まずい」と心から思いましたが、 小便中なので動くに動けない。 そんな僕の気まずさが最高潮に達した瞬間のことでした。
「ブーーーーッ」
それはそれは物凄い音がしました。 なんと、その見知らぬおっさんも小便をしながら屁をこいたんです。 おそらく、その見知らぬおっさんが僕の気まずい気持ちを察して、 自分を犠牲にしてまで、僕を助けてくれたのでしょう。 (31歳・消防士)
屁に纏わるちょっとええ話。
僕がまだ10代だった頃の話です。 僕は屁の恥かしさと引き換えに、 本当の友情を手に入れたんです。

僕はその日、朝から腹の調子が悪く、 数分おきに屁が出るという顛末でした。 当時僕は、10代の若者でしたから、 友達に屁をこいていることをバレたくないという気持ちが先行し、 一生懸命すかしっ屁をして友達にバレないようにしていました。

友達との会話も盛り上がり、 僕の気が緩んだ瞬間のことでした。
「ブブ、ブーーーーーッ」
僕のケツから明らかに鈍い音が聞こえてきました。 それから、ほわーんと鼻につく異臭が漂ってきました。 明らかに身が出ていたんです。
それでも、友達は気づかないふりをしてくれて、 優しく僕に微笑んでくれたんです。 本当の友情というものに触れた瞬間でした。 (26歳・フランス語講師)
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加