【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 季節特集 > 記事
新成人のみなさまへ。これが大人のメリット・デメリットです。
子供が階段の2段飛ばしをしても、 頭の悪いアホの子供の遊びにしか思われないが、 二十歳を超えてから2段飛ばしをすると、 時間に追われる、 仕事ができるビジネスマンだと周囲に見られ、 逆に印象がよくなる。
左の項目で、大人の世界では階段の2段飛ばしは通用すると書いた。 それを読んだあなたは 「では、横断歩道の白の部分だけを踏んで渡るのも、立派な大人として通用するのはないか?」 と思ったかもしれない。 申し訳ないが、それは大きな誤りだ。 二十歳を超えてから、それをやっても、ただのアホにしか思われない。
新成人のみなさまへ。これが大人のメリット・デメリットです。
新成人のみなさまへ。これが大人のメリット・デメリットです。
子供の頃は「お母さん、おしっこがしたい。」と言うと、 「しょうがないわね。」と、お母さんに近くの女子トイレに連れて行ってもらったものだが、 大人になると、それがまるで通用しなくなる。 周囲の目が異常に厳しくなるのだ。 下手をすると、例えお母さんと一緒でも痴漢に間違われることがあるので、 注意が必要。
新成人のみなさまへ。これが大人のメリット・デメリットです。
一般的に、大人になるメリットは酒が飲めるようになることだ、と言われているが、 本当はそうではない。 本当の大人のメリットは「酒が飲めるようになること」ではなく、 「自棄酒をするフリをして、周囲の同情を買うことができる。」ことにあるのだ。 「自棄酒をするフリ」をすることによって、 思い悩む思慮深い青年を演じることができ、 心配した女の子が「大丈夫?」と優しい言葉を投げかけてくれるのだ。
子供の頃は新幹線などに乗ると、 周囲の大人が何も言わずして、 自分を窓側の席にしてくれた。 しかし、二十歳を超えると、 そうはいかない。 「もう大人なんだから。」と 半ば強制的に通路側の席に移動させられてしまうのだ。
しかし、よく考えてみたらそれも当然の話。 もうあなたは二十歳を超えたのだから。 ぐっと我慢して年下に窓側の席を譲ろう。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加