【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 季節特集 > 記事
2007バレンタイン完全捏造マニュアル。
一般的にバレンタイン・デーは2月14日と取り決め がされている。しかし、それは単なるビジネスライ クな業界上の話で、実際の女の子の感覚とは多 少のズレがあるのは否めない。女の子の生理が 厳密に「この日だけ」というのがなくて、だいたい1 週間程度続くのと同じようにバレンタイン・デーも 女の子のリアルな感覚として「2月14日」という厳 密なものはなく、だいたい「2月14日」の前後1週間 は女の子の中の「バレンタイン・デー」だと言われ ている。
だから、「バレンタイン・デー」の1週間前に突然チョ コをもらったり、1週間後になってから「遅れました。 」と言って、チョコをくれたりすることも十分あり得る わけだ。女ゴコロはまるで「秋の空」のように移ろい やすいのだ。

ではなぜ、「バレンタイン・デー」は実際には前後1 週間するのか。日常刺激ジャーナルでは、実際の 女の子の証言を元に、詳しく検証してみた。

2007バレンタイン完全捏造マニュアル。
例えば、陸上の100メートル走のように1秒を争 う過酷な競技は「フライング」が多いと言われて いる。「100メートル」という短距離ゆえにスタート ・ダッシュが勝利への絶対条件だからだ。だか ら、アスリートたちは「失格」覚悟で、最高のスタ ートを切ろうと「フライング」をする。

恋もまた100メートル走と同じで、スタート・ダッシ ュが鍵を握ると言われている。しかし、恋は陸上 競技とは違い、「フライング」をしても、「失格」に なることはない。人を好きになることにルールは ないのだ。だから、恋する女の子たちは好きな男 の子に我先に我先にと、チョコを渡そうとする。

バレンタイン1週間前に女の子からチョコをもらえ る可能性は十分にあるのだ。
女の子の身になって考えて欲しい。仮にあなたに 好きな人がいて、その人にバレンタイン・チョコを 渡したいと心から思ったとする。それって、実はも のすごく勇気のいることであったりする。

「拒否されたら、どうしよう。」とか「口に合わなか ったら、どうしよう。」とか、余計なことを考えていた ら、気づいたら「2月14日」を過ぎていた…。そんな ケースは多分にあり得る。
2月14日を過ぎてしまった、もうダメだ、あきらめよ う。そう考える女の子も中にはいるかもしれない。 でも、バレンタイン・デーは1年に1度、一生でも、 せいぜい80回くらいしかないのだ。だから、多少 遅れてもこの可能性にかけてみようと考える女の 子もたくさんいる。バレンタイン・デーの1週間後に チョコをもらえる可能性も十分にあるのだ。

2007バレンタイン完全捏造マニュアル。
近頃、急増する兆しを見せているのが、「バレンタイ ン・チョコのキャンセル」。「バレンタイン・チョコのキ ャンセル」とは、例えば、2月14日に女の子からチョ コを貰ったのに、1週間後に「やっぱり気が変わった 。」と宣告され、「チョコの返却」を求められるケース のこと。男性側の 精神的なショックは計り知れないものがある。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加