【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 季節特集 > 記事
本当は怖い夏の汗かき。
夏の間は、グレーのTシャツを着ない方がいい。 なぜなら、グレーのTシャツは、その素材の性質 上、一旦汗が染み込むと、大きなシミになって、 目立ってしまうからだ。端か見ると、どこに汗を かいているかが一目でわかってしまう。背中の 大きなシミ、ワキにベットリとついたシミ、胸と胸 の間にできた大きなシミ…。
個人差はあれど、人は誰でも汗をかくが、グレ ーのTシャツを着た人の汗は、一際異彩を放つ。 人一倍「汗っかき」というイメージを人に与えて しまうのだ。
本当は怖い夏の汗かき。
灼熱の真夏の街を闊歩していると、あまりの暑さ に気が遠くなり、体が立ちすくんでしまう。そこで、 冷房のある建物の中へ、と近くにある店の中に 駆け込むわけだが、そこが、もしラーメン屋だっ た場合、人はそれ以上の「地獄」を味わうことにな る。
簡単に言うと、ラーメン屋は外より暑いのだ。多く のラーメン屋は、客の目の前でラーメンを作ること を売りにしている。そのため、客席と厨房が一体 化した空間になっていることが多く、ラーメンを作 る時の火の熱が、そのまま客席まで流れ込んで くる。だから、客席はびっくりするくらい暑い。一応 、冷房をかけているが、ほとんど意味をなしてい ない。
それだけではない。そんな灼熱の空間の中で、 あつあつのラーメンを食べると、体の底から熱く なり、信じられないくらい大量の汗が噴出してく るのだ。
それは、もはや「一時の休息」なんてレベルの話 ではなく、ほとんど格闘技に近い。
本当は怖い夏の汗かき。
Tシャツは基本的にコットン素材であり、吸収 性に優れているが、真夏の汗はハンパな物 ではなく、時として、すべての汗を吸収できな いこともある。そんな時、汗は大量の雫となっ て、背中や胸の上をゆっくりと伝っていくこと になる。あの気持ち悪さときたら…。まるで、 大量の小さな虫が体の上を歩いているような 気持ち悪い感覚だ。
21世紀に入った科学技術立国・日本と言えど も、未だにこの問題を解決できてはいない。
本当は怖い夏の汗かき。
汗とうんこには、実は意外な因果関係が関 係がある。一見、全く別物のように思える、 汗とうんこだが、どちらも体の循環である新 陳代謝。体から何物かを放出することで、 体の健康を保っているのだ。
そのため、汗っかきの人は、同時にうんこの 量や回数も多いと言われている。新陳代謝 が非常に活発なのだ。
一見、全く別物のように思える、汗とうんこ だが実は意外な因果関係があったのである。 ただし、科学的な根拠は今のところ全くない。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加