【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
ニートは腐ったミカンじゃねぇ。ニートにだってできる社会貢献。
職のないニートの最大の収入源は親から貰うお小遣い。 年収1千万以上稼ぐやり手ビジネスマンから見れば、 微々たる物かもしれないが、 ニートにとっては貴重な収入源であり、 金銭的に社会に貢献できる唯一の手段なのだ。 彼らの微々たる収入では、せいぜいコンビニでアイスを買うのがやっとだが、 それでも彼らはコンビニの売上に貢献し、社会に貢献しているのだ。
ニートの中でも引きこもりになると、 ほとんど家から出ない上に 部屋の中でもパソコンの前からもほとんど動くことがないので、 汗をかくということがない。 そのため、毎日のように風呂に入る必要性がなくなり、 風呂に入らないニートが急増しているという。
地球温暖化に伴う異常気象により、 世界中には水不足に苦しむ人々が急増している。 ニートがその救世主になるかもしれない。
ニートは腐ったミカンじゃねぇ。ニートにだってできる社会貢献。
お金のかからない社会貢献として、第一に挙げられるのが、 電車・バス等の車内でお年寄りに席を譲るという行為。 これなら、お金のないニートでも十分にできる。 どんなにお金があっても、お年寄りに席を譲らない人は 人間として一人前とは言えない。 どんなにお金がなくても、お年寄りに席を譲るという気持ちを忘れない ニートの生き様は十分評価に値するのではないだろうか。
お金のないニートは当然のように車を買うことができない。 一見、貧しい人のように見えるこのニートのスタンスに エコロジー・ブームに沸く世界が注目している。 その理由は、ニートは車を買うことができず車に乗ることができないため、 有害な排気ガスを出さないためだという。 車を買えないニートは有害な排気ガスを出さず、 大気を汚染することがない。 まさに究極のエコロジーである。
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加