【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
「引きこもり」の孤独死が急増!
冗談でも、一度「自分は包茎。」と口にしてしまうと、 それを耳にした人の記憶に、強烈に「包茎」という 言葉が残ってしまう。一般的に、「自分は剥けてい る。」と口にするよりも、「包茎」と口にする方が、聞 いた人の記憶に残りやすいと言われている。

どんなに「いや、冗談だよ。」と否定しても、実際に、 みんなに見せない限り、証明のしようがない。見せ たとしても、それは、これ以上ない、屈辱だったりす る。冗談でも、「自分は包茎。」と口にしてはいけな い。

「自分は童貞。」という言葉も、「包茎」と同じ理由 で、一度口にすると、二度と取り消せない。

「童貞」という言葉は、特に10代後半から20代前半 の男たちが敏感に反応すると言われている。

10代後半から20代前半の間に一度でも「自分は童 貞」と口にすると、その後、童貞を捨てたとしても、 一生「あいつは童貞。」というイメージが付いて回っ てしまうので、注意が必要だ。
「引きこもり」の孤独死が急増!
「俺は風呂に入らない。」という言葉も、一度口に すると、二度と取り消せない言葉のひとつ。例え、 その後、改心して、毎日風呂に入るようになったと しても、その言葉を聞いた人と毎日一緒に風呂に 入らない限り、「改心した」ということを証明すること ができないからだ。

小学生の頃に、不覚にもその言葉を口にしてしまう と、みんなから「バイキン」というあだ名を付けられ、 その後の人生を大きく左右してしまうので、注意が 必要。

メールやSNSのメッセージも、実は二度と取り消 せない言葉のひとつ。一度送信してしまうと、相手 が削除しない限り、永遠に残ってしまうので、送信 する文言には、最深の注意が必要。

メールやSNSのメッセージは、大概、相手が自分 から遠く離れた場所にいることが多いので、万が 一、不完全なまま送信してしまった場合、フォロー がしにくいのだ。

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加