【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
浦島太郎現代版リメイク<
現在、関西地方に住むA子さん(23)は、 10代の頃、自分自身への極度のコンプ レックスから自●行為を日常的に繰り返 す日々を送っていたという。
「何もできない落ちこぼれのわたしが、自 分自身を表現できる唯一の方法だったん です。」

彼女は人間関係や先行きの見えない人生 に行き詰まりを感じると、●●●の●●●で、 何度も何度も自らの●や●を●●●●たと いう。
「少しひんやりとした●液が、自らの体をゆ っくりと伝っていくとき、『ああ、わたしって、 生きているんだな。』と再認識できるんで す。」

彼女の「何もできない自分が、唯一自己 表現できる方法が自●行為。」という言葉 が、彼女の心の中に決定的に欠落してい る何かがあることを雄弁に物語る。
その「彼女の心の中に決定的に欠落してい るもの。」とは何か。それは「自己表現した い欲求」をどのように満たせばいいのか、 についての思考や想像力。それは彼女が 口癖のようにつぶやいていた、次の言葉か らも伺える。
「わたしは、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホにな りたい。」
彼女は、「自己表現したいという欲求」を自 らの力で思考するのをやめ、そっくりそのま ま、ゴッホという他人の人生に委ねてしまっ ているのだ。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、生涯、たった 一枚の絵しか売れなった「悲劇の画家」とし て知られる。彼女は、そのゴッホの人生を自 らの人生と重ね合わせるどころか、そっくり そのまま生きることで、自らの空虚な心を埋 めようとしている。だから、ゴッホが自らの● を●●落としたように、自らの●を●●●で ●●●●るという行為に及ぶのだ。

…「自分」と「他人」の間の微妙な風に揺れ る…自●行為を繰り返す人たちは、未だに 「自分」にも「他人」にもなれずに苦しみ、も がいている。

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加