【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
「ささくれ」と「親不孝」と「ニート」。
「ささくれ」と「親不孝」と「ニート」。
一部には知らない人もいる ようだが、「親不孝をすると、 ささくれができる」という言い 伝えが日本にはある。
「ささくれ」と「親不孝」と「ニート」。
急増するニートや引きこもり。そういったニートや 引きこもりたちの背景は実に様々で、すべてをひ とまとめにして語るのは、非常に難しいことだが、 彼らが「親不孝」をしているという点では一致する。 ということは、彼らの手の指には確実に「ささくれ」 ができているということになる。もしかしたら、ひと つやふたつの話ではないかもしれない。
「親不孝」をしたときの「罰」としてできると、言い 伝えられる、ささくれ。ほうっておけば、それで 済む程度の非常に小さなものなのだが、妙に気 になってきて、どういうわけか「剥きたい。」という 欲望を抑えきれなくなる。それで、いざ、その「剥きたい」という欲望に負けて剥いてみると、例の「ピリッ」とした 痛みに顔を歪めてしまうのである。
世の多くの人たちは、その「ピリッ」とした痛みを 恐れて、日頃から「親孝行」をして、ささくれがで きないようにしたり、不覚にも、ささくれができて しまったとしても、「剥きたい。」という欲望を自己 規制して剥かないようにするなどの対応をしてい る。
しかし、世の中の一部の人間の中には、ささくれ を剥いたときの、その「ピリッ」とした痛みに、たま らなく快感を覚える人たちも、少なからず存在す る。彼らは、ささくれを剥きたいばかりに、わざと 「親不孝」をして、ささくれができるように仕向けて いるのだ。
しかし、ここでひとつの疑問が浮かび上がる。彼ら が本当にささくれができることを嫌がっているのだ としたら、そんな「親不孝」なことをしたりしないの ではないか?もしかしたら、彼らは、ささくれを剥いた ときの、あのピリッとした痛みが快感で、わざと仕事もせずに 「親不孝」をして、ささくれを作ろうとしているのかもしれない。
一部の人たちには、「親不孝」の象徴として恐れら れていたささくれだが、21世紀に入った現代におい ては、その効力に陰りが見え始めたのかもしれな い。もはや、この世の誰もが、ささくれを恐れてい ないのだ。ニートや引きこもりが急増する背景には 「ささくれ」への恐怖心の薄れがある可能性がある。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加