【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
今からでも間に合う!留年のススメ
一般的にネガティブな印象を持たれがちな留年。社会的に、留年した学生は「落ちこぼ れ」の烙印を押され、留年した本人だけではなく、親などの家族も肩身の狭い思いをし なければならなくないとされる。 しかし、本当に留年とは、そんなネガティブな面ばかりなのだろうか。日常刺激ジャー ナルでは、全国の100万人と言われる「落ちこぼれ」のための応援企画として、「留年 のポジティブな面」にスポットライトを当ててみた。 全国の落ちこぼれのみなさん、留年は、そんなに悪いものじゃない。
今からでも間に合う!留年のススメ
全国には腐るほど学校があるが、毎年、 留年する学生の数は、そう多くはない。 ましてや、1学校当たりの留年者数は、 毎年、若干名にすぎない。つまり、留年 者は全国的に見ても、非常に希少価値が 高いのだ。
そのため、一度留年すると、学校内で 知らない者はいなくなる。これは、ある 意味、ちょっとした特権と言っていい。
また、周囲の学生たちから、ちょっぴり 「ワル」だと思われるメリットもある。 高校・大学レベルでは、「ワルはかっこ いい」というイメージがあり、何かと 羨望の眼差しで見られる。
前述の通り、一度留年すると、他の学生 とは違う「特権」を手にすることができ るようになる。ライフスタイルから人生 観に至るまでのすべてが、他の人とは 違う「特別な存在」。
その留年者の「特別さ」が、異性から見 ると、たまらなくセクシーに映るのだと いう。
実際、一度留年すると、異性にモテやす くなる。というのも、恋とは、ある意味、 特定の人を自分にとって「特別な存在」 と思うことから始まるからだ。
留年することで、他の学生とは、明らか な違いを見せつけること。留年とは、一 生に一度あるかないかのモテ期なのだ。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加