【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
伝説の教師
伝説の教師
「学校の窓ガラスを割って回る」。これは、尾崎豊 の歌でも歌われた、言わずと知れた「不良」の代 名詞。決して許されるべきことではないが、世の 不良たちは、自らの行き場のない「怒り」を、深 夜の学校に忍び込み、「窓ガラスを割って回る」 ことで発散しているという事実も否定はできない。
しかし、そんな「不良」の代名詞とも言える「学校 の窓ガラスを割って回る」という反社会的な行為 を、本来「不良」を更生させる側の教師自身がや ってしまったという仰天事例が数こそ少ないが 報告されている。

千葉県内にある某中学校のOBであるA君(30) は語る。

「確かに、当時通っていた中学校で、深夜に学校に 忍び込み、窓ガラスを割った教師がいました。その 教師は普段、生徒たちから『クマさん』の愛称で呼 ばれ、人気がありましたが、同時に『酒癖が悪い』 ことでも知られていました。
その日も、酒を飲み、かなり酔っ払っていたようで す。彼は泥酔状態で学校敷地内に侵入し、さらに 校舎内に入ろうとしましたが、深夜ということもあ って、カギがかかっていて、中に入ることができず、 窓ガラスを割って中に入ろうとしたようです。」
現在なら、そんな仰天事件が発覚した時点で、解 雇になるはずだが、当時(1990年)は、教師のモラ ル低下が、それほどクローズアップされておらず、 不思議と解雇処分にはならなかったという。
「当時は、教師も生徒も親も、それほどピリピリして いませんでしたからね。」
A君は、少し当時を懐かしみながら言った。 それにしても、教師が「窓ガラスを割って回る」とは 、尾崎豊もびっくりである。
伝説の教師
今や、教師が生徒に少しでも手を出そうものなら、 親がものすごいけんまくですっ飛んできて、「体罰 事件」として、大問題になる時代。しかし、以前は、 「体罰」はごく日常的なものとして、学校に馴染ん でいたという。
東京都内で運送関係のバイトをしているB君(28) も、そんな「体罰」を目撃した一人。
「中学のときのプールの授業で、クラスの悪ガキた ちが、ひとり気の弱そうな生徒をプールに沈めたり して、いじめていたんです。それを見た体育教師が 激怒。いじめていた悪ガキたちを片っ端からボコボ コにしていったんです。そんな様子を見ていた僕ら は、不思議とそれが悪いことだとは思いませんでし たね。悪ガキたちは殴らないとわかりませんから。 むしろ、心の中で『もっと殴れ』と思っていました。」
教師による「体罰」が「悪しき行為」として断罪され る現代だが、殴らなければわからない悪ガキたち が存在するのも、また事実である。
伝説の教師
教師と言えども人間。教師と言えども、すべての 人たちが神のような人間性を兼ね備えているわ けではない。中には、一部の生徒だけをえこひい きする、とんでもない教師も存在する。
都内でIT関係で働くC君は憤る。
「中学3年の時の選択授業(体育・美術・音楽の 中からひとつ選ぶ)で、僕は体育を選択したんで す。それを知った体育の担当教師は、僕にこう言 い放ったのです。
『おまえは、この授業に来る人間じゃない。』 確かに、僕はどちらかと言えば、体育が得意な生 徒ではなかった。けれども、授業を選択するのは、 生徒の自由のはずです。
僕は、その担当教師の言葉を押切って、その授 業に出ました。すると、その担当教師は、僕に対 して、執拗に嫌がらせをしてきたんです。無視を されたり、、少しでも動きが鈍いと、授業から外さ れて、正座をさせられたりしました。
そんな、とんでもない担当教師も、自分の気に入 った運動神経のいい生徒には、ものすごいVIP待 遇をするんです。この差は一体何なのか、自分自 身、すごく悩みましたね。」

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加