【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
日常生活に襲い掛かるプレッシャーの恐怖
公衆便所でう●こをしている最中、ドアをゴンゴ ンされたので、「今、入ってますよ。」という意味 で、ドアをゴンゴンして返す。こっちはゆっくりう● こをしたいから、そのまま、その人に諦めて立ち 去って欲しいのに、ドアの外に、まだ人の気配が した時のプレッシャーは計り知れない。こっちも、 まだ完全には出し切れていないが、ドアの向こう 側の人も、きっと耐え難い便意と戦っているに違 いない。そう考えると、とても忍びない気持ちにな って、「このまま不完全なまま、ドアの向こう側の 人にトイレを譲る」か、「こっちが完全に出し切る まで粘る」か、迷いに迷い、パニックになってしま う。
日常生活に襲い掛かるプレッシャーの恐怖
散髪直後の髪型は少し変。いかにも「髪を切っ た感」が出てしまい、髪を切る前とは明らかに 雰囲気が違って見える。それを見た友達はどん なリアクションをするだろう。
そう考えると、とても不安な気持ちになってしま う。大げさなリアクションをされても困るし、かと 言ってノーリアクションでも困る。 散髪はとても難しい。
初めて乗る電車の快速に乗った時も気が抜け ない。その快速がどの駅に停車するのか、全く わからないからだ。乗る前に停車駅を確認して も、やっぱり不安。快速が走り出すと、車内の 路線図の場所を探して、キョロキョロしてしまう。 やっとの思いで路線図を見つけても、ほぼパニ ック状態で見るから、なかなか目的の駅が見つ からなかったりする。
「あれ!!ない!!あ、あった!焦った!!」
こんなことは日常茶飯事。
日常生活に襲い掛かるプレッシャーの恐怖
バスに慣れていない人は、いつも不安になって しまう。ちゃんと、目的のバス停の時に、「次降 ります」ボタンを押せるだろうか、と。
バスは電車とは違い、乗り降りがないバス停は そのまま通り過ぎてしまう。だから、きちんと自 分が降りるバス停を確認しないと、そのまま目 的のバス停で降りられないことがあるのだ。
そんな不安を抱えるバス初心者は、バス先頭 の「次のバス停を表示するモニター」と窓から 見える風景を交互に凝視する、という挙動不審 な行動をとってしまう。


記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加