【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
「お先にどうぞ。」人間学
エレベーターやオフィス等でごく頻繁に見られる、ドアを開けて「お先にどうぞ。」と、人に先を譲る行 為。あの行為には一体何の意味があるのだろうか。詳しく検証すればするほど、そこには、われわれ 人間の世にも奇妙な生態が露になってくる。
「お先にどうぞ。」人間学
想像してみよう。

例えば、エレベーターの中。あな たは今、別に知り合いでも何でもない人と二人で エレベーターに乗っている。エレベーターのボタン から察するに、どうやらあなたは、その人と降り る階が同じのようだ。 そうこうしているうちに、エレベーターはあなたの 目的の階に到着する。すると、一緒にいた、別に 知り合いでも何でもない人が「開」ボタンを押し て、にこやかに「お先にどうぞ。」と先を譲ってき た。

そのとき、あなたは心からそれを「嬉しい」と思う だろうか?
エレベーターの「開」ボタンを押して、「お先にど うぞ。」と言う人には、次のような心理が働いて いると言われている。

@エレベーターを後から出るより、先に出る方が 得、という価値観。
Aにもかかわらず、人に先を譲る自分は、すごい。 人間性が優れている。
B先を譲ることで、その人を喜ばせ、自分の株を 上げたい。

こういった人間の毒々しい心理が透けて見えて くると、たとえ本当に好意で先を譲ってくれたとし ても、素直には喜べなくなってくるのである。

「お先にどうぞ。」人間学
「お先にどうぞ。」人間学 「お先にどうぞ。」という一見、何の変哲もない行為 には、実はわれわれの度肝を抜く驚愕のトリックが 隠されているという事実は、あまり知られていない。 その驚愕のトリックとは何か?まずは右図をじっくり 見て欲しい。この図は、同じ職場で働く二人の人物 がエレベーターの出口のドアとオフィスの入口のド アを互いに譲り合う様を表したものである。この図を 見て、ある奇妙な点に気がつかなかっただろうか? 何と、先にエレベーターの出口のドアを譲った人物 (○)が、今度は逆にオフィスの入口のドアを譲って もらい、最終的には先にオフィスの中に入っている ではないか!
このような奇妙な現象が起こる背景には、先にエレベーターの出口のドアを譲った人物の欲望に毒 された、したたかな手口が透けて見える。彼らの手口は以下の通りだ。
@先にエレベーターのドアを譲り、相手に恩を売る。
A恩を着せられた相手は、その恩を返そうと、今度は逆にオフィスの入口のドアを譲らざるを得なくなる。
B最終的には、自分が先にオフィスの中に入り、得をする。
このように、一見何の変哲もない「お先にどうぞ。」という行為の中には、実はわれわれの度肝を抜く驚 愕のトリックが隠されていたのである。

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加