【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
人生の費用対効果を考える
過熱する一方の受験戦争。一昔前までは、受験と言えば高校受験・大学受験が中心だったが、近年 では、中学受験にまで飛び火する様相を見せている。その背景には、中学を新設し、人材の囲い込 みを早くから行いたい私立学校側の思惑と少しでもレベルの高い教育を子供に受けさせたいという 親たちの思惑の一致という事情があると見られる。さらに、「年収格差」という最近叫ばれ始めた社会 現象が、その傾向にさらに拍車をかける。
しかし、本当に、厳しい受験戦争を生き抜き、いい大学を出て、いい会社に入ることが、「人の幸せ」 なのだろうか?あまりにもベタなテーマだが、今一度じっくり考えてみる必要がある。
人生の費用対効果を考える
まず考えなければいけないのは、「人生の費用 対効果」だろう。ご存知の通り、受験には、とに かくお金がかかる。まず有名私立中学に合格す るには、小学生の時点で進学塾に通わなけれ ばならない。小学4年生から6年までに進学塾に かかる費用はどんなに少なく見積もってもおよ そ200万円。

さらにかかるのはお金だけではな い。小学生という最も遊び盛りの時期に、友達 と遊ぶのを我慢してまで、受験勉強に時間と苦 労を費やさなければならない。

それだけのお金と工数をかけて有名私立に合 格しても、待っているのは、多額の学費の凄ま じい量の勉強の嵐だ。一般的に中学から高校 まで全て私立に通った場合にかかる学費はお よそ692万円と言われている。中学から高校ま で全て公立に通った場合が約296万円だから、 その差は歴然としている。
「費用対効果」の考えから言えば、これだけの 教育費用と工数をかけた人は、教育にお金も 努力も費やさなかった人をはるかに上回る年 収を将来稼がなければならないという計算に なる。だが、実際はどうだろうか。

人生の費用対効果を考える
上図は、全く別々の人生を歩んできたAさんとBさんのその後の人生を表した図である。ある見方を すると、これはちまたで盛んに言われ始めている「年収格差」を表しているとも言えるだろう。だが、 AさんとBさんがそれぞれの人生において、費やしたお金や努力から考えると、逆に「格差はない。」 に等しいのではないだろうか。
Aさんは、「いい大学、いい会社」に入るために、一心不乱に勉強してきた。オシャレもせず、異性に 目もくれず、ある意味、人生をエンジョイすることを我慢し続けた結果が年収1000万円。逆にBさん はろくに勉強せず、青春時代をエンジョイして年収500万円。 その差はたった500万円だ。
人生の費用対効果を考える
要するに、日常刺激ジャーナルが多くの若者たちに伝えたいのは、「自分のやりたいことを我慢し続 けて、人よりちょぴり多めの給料をもらう人生」と、「自分のやりたいことをやり続ける人生」とどっち がいですか?という問いだ。どちらかが優れていて、どちらかが劣っている、という話ではない。 人生を「費用対効果」で考えれば、双方にはちまたで言われるような「格差」は全くと言っていいほど、 存在しないのだから。

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加