【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 社会 > 記事
パンダに代わって「動物園の目玉」になる動物を考える
長年、日本人に愛されてきた上野動物園のパンダ・リンリンが病死し、36年ぶりに上野動物園から パンダが姿を消すという異常事態になった。連日、メディアがこのニュースを取り上げ、世論は新た なパンダの待望論とパンダ不要論で真っ二つに。どちらにしろ、たった一匹のパンダの死で、社会は 大きく揺れ動いた。
長年、上野動物園の「目玉」として君臨し、園内の一等地を陣取ってきたパンダ。数ある動物たちの中 で、なぜパンダはこれほどまでに日本人に愛され続けてきたのか?パンダのリンリンの「代わり」にな る動物は本当にパンダしかいないのか?
日常刺激ジャーナルでは、パンダに代わる「目玉」になる動物が他にいないか、を検討してみることに した。
動物園の目玉になる条件
パンダの最大の特徴は、何と言っても「大 人になっても可愛い」という点。パンダのリ ンリンの死亡推定年齢は、人間に換算す ると70歳。もはや老人である。にもかかわ らず、依然として、その可愛らしさを維持し ていた。「大人になっても、なお可愛い」。 パンダの「代わり」になる動物は、この条 件を満たしている必要がある。
動物園の「目玉」になるためには、「そこそ こ大きい」必要がある。なぜなら、動物園の 「目玉」にもなると、大勢の人たちが大挙し て押し寄せてくるので、あまりにも小さすぎ ると、ガラスケースのどこにいるか、わかり ずらくなってしまうからである。

ハゲ頭は究極のエコです。
ライオン、ゴリラ
「百獣の王」と呼ばれ親しまれるライオンだが、 「可愛いか?」と問われると、首を振らざるを得 ない。ライオンはどちらかと言えば、「可愛い」 と言うより、「怖い」動物。動物園の「目玉」にな るには、いささか無理がある。
一見、マヌケで可愛らしく思えるゴリラだが、近 くで見ると、思いのほか怖い。マウンテンゴリラ はさらに怖い。しかも、うんこを投げる習性があ るので、動物園の「目玉」には不適格。ワキ役が いいところか。

ゾウ、ニホンザル
あまりにも、でかすぎる。動物園の「目玉」にな るためには「そこそこ大きい」ことが条件だが、 ゾウは、あまりにもでかすぎて不適格。
「可愛らしさ」という点では適任だが、最近では 民家などに不法侵入し、食べ物を盗み出すニ ホンザルが多数報告され、社会問題化している。 動物園は「夢を売る」商売なので、このような不 祥事は絶対に許されない。


記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加