【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 女性 > 記事
【恋愛】束縛はそんなに悪いのか?
よく、ちまたで、「彼氏(彼女)の束縛がきつい。」 という嘆きの言葉をよく耳にする。彼氏(彼女)が 一日に何度も電話をかけてきたり、自分の携帯 を勝手にチェックしてきたりするので、自由に遊 んだりできない、だから、「ウザい。」という言い分 である。
多くの人たちが、この「恋人の束縛はウザい。」 という考え方に賛同しているのが、今の世の中の 実情だが、日常刺激ジャーナルは、あえて、その 社会風潮に「ノン」を唱えたい。
【恋愛】束縛はそんなに悪いのか?
そういった観点から考えると、「恋人の束縛」を嫌 がるという感情は、「愛を定義する」作業を嫌がっ ていることを意味するから、その時点で、そこには もはや愛がないことになる。
「愛を定義する」という作業がストップしているから、 そこにあるのは、目に見えない、どこからどこまで かもわからない透明な愛があるだけ。 それは、愛の崩壊と同義語なのだ。
【恋愛】束縛はそんなに悪いのか?
ここで、まず、みなさんにひとつの質問をしたい。 それは、「愛とは何か?」という質問。あなたは、 この極めてシンプルな質問に、果たして答えるこ とができるだろうか?おそらく誰一人として、この 質問に対して的確に答えることはできないだろう。
実は、それはごく当たり前のこと。なぜなら、愛と は、常に実体のない、曖昧な存在だからだ。目に 見えるわけでも、形やにおい、色があるわけでも ないから、どこからどこまでが愛かという明確な 取り決めがあるわけでもない。でも、この世には、 確実に愛が存在するということを、この世の誰も が知っている。
では、愛は一体どこにあるのか?それは、束縛と 束縛の間。前述のように、愛は目に見えないし、 どこからどこまでが愛かという明確な取り決めが あるわけではないから、必然的に「二人」が「二人 」独自のルール(束縛)を作って、愛を「定義」しな ければならない。
例えば、「二人しか知らない秘密を作る。」とか、 「どちらか片方が悲しみに暮れていたら、どんな 状況にあっても、必ず助ける。」とか。もちろん、そ んな大それたことでなくてもかまわない。「毎日、 必ずメールをする。」とか、「どんなに忙しくても、 必ず週に一回は会うこと。」でもいい。
そういった「二人」だけのルール(束縛)の蓄積に よって、今まで目に見えなかった愛の輪郭が少し ずつ目に見えるものになっていく。
愛とは、束縛によって、目に見えないものを可視化 する作業なのである。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加