【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 女性 > 記事
結婚式のクライマックスで、新婦が涙ながら に「お母さん、お父さん、今まで育ててくれて ありがとう。」と自分の両親に語りかけるシー ン。これは、もはや、結婚式の「定番」とも言 える、非常に涙を誘うシーンだが、実は、そ んな感動的なシーンの裏側には、とんでもない 裏話が隠されていることは、あまり知られてい ない。
某ホテルの結婚式場で働くAさんは、語る。 「ご新婦様が読み上げる手紙は、実は、ご両 親様と一緒に考えられたケースがほとんどで すね。ご新郎様がご両親様に『私がここでこ う言うから、ちゃんと泣いてね。』という形で、 細かく泣くタイミングを決められているようで す。」
何と、あの非常に感動的なシーンは、綿密な 打ち合わせと台本によって作り上げられた、 やらせだったのである。
では、なぜ、そのような「イカサマ行為」が、こん なにも公然とまかり通ってしまうのか。その背 景には「結婚式」という矛盾が垣間見える。 結婚式のクライマックスで、新婦が自分の両親 に向けて、「お母さん、お父さん、今まで育てて くれてありがとう。」と涙ながらに語りかけるシー ン。もちろん、あれは、自分の両親に向けられた ものなのだが、同時に来賓に対しても向けられ たものでもある。そこにひとつの矛盾がある。 両親に対して、感謝する 気持ちは、誰もが持っている当たり前の 心だが、それは本来であれば、個人的にこっそり 両親に伝えればいいはずのもの。それをなぜか 来賓の前で伝えてしまうわけだから、そこには、 どうしても「ショー」的要素が入ってしまうのであ る。つまり、そこには、「わたしが両親に対して、 感謝の気持ちを持っていることをみんなに伝え たい。」という新婦の自己顕示欲がある。
そもそも、結婚式というものは、新郎新婦が「わ たしたちの結婚式を祝ってください。」と自ら招く もの。しかも、なぜか客から金を取る。自ら強引 に祝ってもらいながら、さらに高い金を取るので ある。
人は人から金をもらうと、どうしても商売臭くなる それは、結婚式も例外ではない。「結婚」その ものは、二人の大恋愛が成就した、とても美しい ものだが、「式」となると、全く事情が変わってく る。客から金をもらって運営する結婚式は、まさ に「ショー」そのもの。芸能人の「ディナー・ショー」 とさほど意味合いは変わらないのである。そんな 「ショー」的色彩の濃い結婚式であるから、その 裏側に、綿密な打ち合わせと台本があっても、 何ら驚くことではないのである。
記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加