【日常刺激ジャーナルをRSSリーダーで購読】はてなRSS | livedoor reader | My Yahoo | Google | goo rssリーダー | Bloglines | Technorati
現在の位置: jarnal.net > 女性 > 記事
女性ブーツ論
女性ブーツ論
ブーツを履いた女性は、一見偉そうである。どん なに性格が温和な女性でもロングブーツで足元 を固めた途端、思わず地面にひれ伏したくなるく らい偉そうである。
ブーツの魅力の最大の魅力の要因は、この「一 見、偉そうに見える」感なのではないだろうか。 男という生き物は、基本的にマザコンである。心 の奥底では、女性に、もうこれ以上立ち直れない くらいに叱られたいと思っている。
この「女に叱られるかもしれない」、「叱られたい」 という恐怖心・スリル感が最もよく表現されてい るのが、このロングブーツなのである。
大げさな長いフォルム。決して機能的とは言えな い、高くて細いヒール。アスファルトやコンクリー トの上を、無機質で金属的な「コツッ、コツッ」とい う音を立てて歩くその姿は、男を「叱られるかもし れない」、「叱られたい」と思わせるには十分であ る。
女性ブーツ論
ブーツの魅力にとりつかれた男たちの多くは第二 段階として^「その臭いを嗅ぎたい」という欲求を 抑えきれなくなる。
厚いレザーに密閉された、そのブーツの内部は、 思わず鼻をつまみたくなるくらい臭いに違いない ということは、どんな男たちにも容易に想像できる。 それでも、男たちはその臭いを嗅ぎたいのである。 それは一体なぜか。それは一言で言えば、男の「 いたずら心」である。
女にとってブーツの臭いを嗅がれることは、とても 恥ずかしいこと。当然、嗅ぐと怒る。 そこなのである。
ブーツの臭いを嗅いで、女を怒らせることで、男は 再び「女に叱られる」という欲求を満たすことができ る。それは、幼い子供が、わざと母親が怒ることを して、気を引こうとする行為に似ている。

女性ブーツ論
もはや流行を超えて、定番アイテムとなりつつあるブーツだが、実は、70年代に一度流行したリバイバ ル・アイテムだということは、あまり知られていない。その証拠に、現在30歳前後の人は、自分の母親の 若いころの写真を見てみよう。今と同じ、ロングブーツを履いていることに気がつくだろう。
この事実が一体何を意味しているのかというと、男のブーツ好きは、実は「マザーコンプレックス」に起因 しているということ。「男のブーツ好き」は、実は、母親のブーツ姿からきているものだったのである。
男は、待ち行くブーツの女性に母親のブーツ姿を重ねている。これは紛れもない事実である。

記事ジャケ
記事ジャケダウンロード
日常刺激ジャーナルの超激レア、記事ジャケットがダウンロード できるようになりました。自分のブログに貼ってみるのもよし、家 でこっそり楽しむのもよし!使い方は自由です。
記事ジャケダウンロード
右のダウンロード・ボタンをクリ ックするだけで、簡単にダウン ロードすることができます。
記事ジャケダウンロード
日激最新記事
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加